現代人の食生活と酵素の関わり

現代人の不足している栄養素のひとつに酵素があります。酵素は、ビタミンやミネラルといった耳なじみの良い成分とは違い、軽視されがちです。実は酵素には他の栄養素では補えない重要な役割があるのです。今回は、生命維持に必要不可欠な酵素を取り上げます。

酵素が不足している背景は、日本人の食生活の変化にあります。昔の日本人の食生活は豊富な酵素に囲まれていました。酵素を含む食材は、生野菜や野菜のぬか漬け、お味噌汁などに多く含まれています。元来日本人は、野菜を中心に食してきた民族です。食卓には、お漬物やお味噌汁など酵素を摂取できる環境に恵まれていました。ところが現代は食生活の欧米化にともないメイン料理として肉類が食卓に並ぶことも多くなりました。

元々野菜ばかり食べてきた日本人にとって、肉類の消化能力は低いといわれています。そのため消化不良による胃もたれがおきたりします。実は、この消化不良を助けているのも酵素なのです。つまり食生活の変化による酵素不足が悪循環を招いているのです。

酵素の種類は様々ですが大別すると「消化酵素」と「代謝酵素」に分けられます。摂取した食物の消化を助け、生命活動を支えるエネルギーを生成する代謝システムの中で働いています。そのため積極的な酵素補給が必要なのです。

酵素ドリンク・酵素サプリメントの口コミ※ダイエットに効果あり!
http://www.issource.org/